‘news’カテゴリーの記事一覧

大人のガンプラ教室

子供の頃から慣れ親しんでいる「ガンプラ」。大人になった今、もう一度童心に戻ってガンプラを楽しみませんか?

#09 Bluebeck佐藤裕氏が代表として活動されてる《dachas》が、大人になった今だからこそ子供の頃には出来なかった道具や塗料を使った「丁寧に制作する」ワークショップ「DIY/大人のガンプラ教室」を11/27(土)にTRUNKで開催します。

「2010 ガンダムエース ガンプラコンテスト」ガンダムエース賞を受賞されたプロモデラーの石鉢俊さんを講師に迎え、受賞した作品「スタークジェガン」の作成エピソードやノウハウ、さらには素組み、下地塗装、塗装、仕上げの基本やアレンジ方法を教えていただきます。

○日時/2010年11月27日(土)14:00〜18:00 受付開始は13:45から。
○場所/TRUNK | CREATIVE OFFICE SHARING 〒984-8651 仙台市若林区卸町2-15-2 5F
バス:仙台市営バス04番乗り場。東部工業団地行きに乗車。
卸町会館前下車[約18分]後、徒歩1分。
車:約15分[国道4号線バイパス「卸町交差点」から約3分]。
※今回のイベントでは駐車場は有料となります。あらかじめ、ご了承ください。
○講師/石鉢 俊(いしのはち まさる)
○対象/初心者 ※中学生未満は、要保護者同伴。
○定員/30名
○持参物/(制作前の)ガンダムのプラモデル、ニッパーもしくはカッター、接着剤、塗料、ヤスリもしくは紙ヤ スリ。
※塗料で汚れてもかまわない服装でお願いします。
※ガンプラ・工具・塗料は、TRUNK向いのビッグサンダーさんで販売しております。店頭で制作イメージ をご相談いただければ、工具や材料のアドバイスを受けることができます。
○参加費/1,000円
※親子で受講される場合は、親子一組1,000円。お子様だけの受講はご遠慮いただきます。
○申込み・詳細/ http://dachas.jp/diy/plamodel001/
○Twitterハッシュタグ/#diyplamodel001
○協力/ビッグサンダー(http://www.bigthunder.jp/
TRUNK | CREATIVE OFFICE SHARING (http://www.trunk-cos.com/

カガクをエガく―サイエンスイラストレーション作品展

サイエンスイラストレーションは、サイエンスの内容・概念を効果的にイラストを用いて表現する手法で、特に北米では専門の大学院課程が存在するなど、確立した分野になっています。
北米のサイエンスイラストレーション作品の数々を展示する作品展を開催すると共に、2010年夏仙台で行われた、日本初のサイエンスイラストレーションサマースクールの制作作品を展示します。
また、オープニングの25日には、サイエンスイラストレーションを紹介するプロジェクト全体と、サマースクールの成果についてのトークセッションも開催します。

■カガクをエガく―サイエンスイラストレーション作品展

◇開催期間:2010年11月25日(木)17:00-20:30
           26日(金)17:00-19:00
           27日(土)11:00-15:00
◇会場:TRUNK|CREATIVE OFFICE SHARING
(仙台市若林区卸町2丁目15-2 卸町会館5階) 
http://www.trunk-cos.com/

◇入場無料、登録不要
◇交通アクセス:上記TRUNKサイトでご確認ください。なお、お車で御来場
の際には卸町会館隣、サンフェスタの駐車場をご利用頂けます(有料)。

■オープニングトークセッション
SC3cafe vol.18:サイエンスイラストレーションの世界へ
―Art Meets Science vol.2

◇日時:11月25日(木)18:30-20:30
◇登壇者(予定):奈良島知行氏(Tane+1, LLC)
長神風二氏(東北大学)
サマースクール受講生

◇内容:ビジュアルアート×サイエンスプロジェクトの概要
サマースクール概要及び受講レポート
ディスカッション
交流会

◇参加費:無料
◇定員:50名
◇申込方法:参加を希望される方は下記URLの申込フォームからお申し込みください。
https://spreadsheets.google.com/viewform?formkey=dHJlT1RrN1I5bzNmSTlUUGN3R211YUE6MQ

■ウェブサイト:http://science-in-society.blogspot.com/2010/10/blog-post.html

■主催:仙台ビジュアルアートxサイエンス パートナーシップ
仙台クリエイティブ・クラスター・コンソーシアム
■お問合せ先:仙台ビジュアルアートxサイエンス パートナーシップ
sci_art@sendaibrain.org

〈芸術文化が支える社会〉アートが生きる、アートを活かす卸町

仙台卸商センターでは「人が集まる」まちづくりの一環として、これまでに様々な芸術文化を取り入れたイベントやセミナーを開催して参りましたが、今回、このようなまちを魅力づける“アート”の力について、特に私たちが生活する社会との接点にスポットを当て、美術家・美術館・市民団体・大学(教育)といったそれぞれの立場から、アートを活かした生活、ひいては地域づくりについて、鼎談という形でトークイベントを開催いたします。

卸町が仙台市におけるクリエイティブ産業や芸術文化の創造拠点として、アーティストやクリエイターを支援し、また、彼らを社会の中で包摂していく志向を掲げることにより、成熟した地方都市の新たな都市創造や、地域経済活性化の切り札となり得ることを表現する機会として、当トークイベントを実施して参ります。

○日 時:平成22年 12月3日(金) 18時00分~20時00分
○場 所:卸町会館 5階 TRUNK ロビーエリア (仙台市若林区卸町二丁目15-2)
○内 容:鼎談形式のトークイベント
○参加者
・美術家(彫刻家) 佐藤 達 氏
・宮城県美術館 学芸員 三上 満良 氏
・仙台SOHOプロジェクト実行委員会 プロデューサー 竹野 博思 氏
*コーディネーター:東北文化学園大学総合政策学部 教授 志賀野 桂一 氏

○対 象:協同組合仙台卸商センター組合員・従業員、TRUNK会員クリエイター、アーティスト等
○参加料:無料
○主 催:協同組合仙台卸商センター(TRUNK | CREATIVE OFFICE SHARING)
○お問合せ先
協同組合仙台卸商センター総務部総務課  TEL:022-235-2161  FAX:022-284-0864

アイディア・ワークショップ in TRUNK.Vol.8 「iPhoneアプリのアイデアを発想する」

卸町会館5階の「TRUNK-Creative Office Sharing-」では、毎月、経営者の皆様とクリエイターを対象に、ビジネスにつながる創造的なアイディアメソッドを体験しながら、異分野の参加者同士が積極的にディスカッションするスタイルのアイディアワークショップを行っております。

8回目となる今回は「iPhoneアプリのアイデアを発想する」ワークショップを行います。

iPhoneには様々なアプリがあります。熟成産業に属する企業などが提供する物も増えています。
プログラムなどの知識がなくても、魅力的なアプリのアイデアを出すことが可能です。

ワークショップでは、クリエータと企業の発想をミックスする単純なステップとアイデア創出の技法をつかって、創造的にアイデアを生み出します。

初参加の方でも楽しんでもらえる様に運営していますので、どなたもぜひお気軽においでください。

●日時 2010年11月16日(火)19:00〜21:00

●場所 TRUNK|CREATIVE OFFICE SHARING(仙台市若林区卸町2-15-2 卸町会館5F)
http://www.trunk-cos.com/access/

●参加料:無料
●主催
TRUNK|CREATIVE OFFICE SHARING

●参加申込およびお問い合わせ 
TRUNK | CREATIVE OFFICE SHARING
TEL/FAX:022-237-7232
E-MAIL:info@trunk-cos.com
URL:www.trunk-cos.com

松島円通院の庭園ライトアッププロジェクト

松島円通院の庭園ライトアッププロジェクト始まりました!

毎年恒例の松島円通院の庭園ライトアップですが、今年は、東北芸術工科大学プロダクトデザイン学科の西澤高男准教授と一緒に、#24 logueの酒井さんが協力しています。

音とのシンクロによって光が波のように変化する感覚的な空間を体験することができるそうです。

◎松島円通院庭園ライトアッププロジェクト
日時:2010年10月30日(土)〜11月28日(日) 17:30〜21:00
会場:円通院 庭園(宮城県松島町松島字町内67)
*期間中は円通院庭園他、瑞巌寺洞窟群、比翼塚・三聖堂、天麟院、観瀾亭の大ケヤキや紅葉もライトアップされます。
料金:拝観料500円(円通院)
主催:とっておき松島実行委員会
問い合わせ:東北芸術工科大仙台スクール
TEL:022-716-6377

せんだいスクール・オブ・デザイン開講式

東北大学都市・建築学専攻は、仙台市と連携し、新たなデザイン教育プログラム「せんだいスクール・オブ・デザイン」を開講するにあたり、その開講式および記念シンポジウムを、2010年11月3日、せんだいメディアテークにて開催いたします。
記念シンポジウムでは第12回ベネチアビエンナーレ建築展金獅子賞を受賞した石上氏と現在、高雄海洋文化流行音楽センター国際設計競技の最終選考中である平田氏という気鋭の建築家を招いて、建築と他領域、内部環境と外部環境、建築そのものの限界と可能性、思考のスケールなどを探ります。

入場無料で一般にも広く公開します。

詳細は下記のとおりです。

日時:11月3日(水・祝)14:00–17:00
(一般受付開始13:00/記念シンポジウム15:30–17:00)

会場 : せんだいメディアテーク 1F オープンスクエア
(一般公開・入場無料)

記念シンポジウム「建築の閾(しきい)―環境に開かれた/環境を開くデザイン」
パネリスト:石上純也 平田晃久 コメンテーター:五十嵐太郎 司会:堀口徹

お問い合わせ:せんだいスクール・オブ・デザイン事務局 tel: 022-795-4191/fax: 022-795-7853 email: info@sendaischoolofdesign.jp 担当:本江正茂/鎌田恵子

宮城大学事業構想学部公開講座 インダストリアルデザイナー安積朋子氏による講演

「グローバル化したインダストリアルデザインにおける地方の力」

ロンドンに拠点を置き世界的に活躍するインダストリアルデザイナー安積朋子氏(t.n.a. design studio代表 http://www.tnadesignstudio.co.uk/)をお迎えして、グローバル化したインダストリアルデザインにおける地方の力について、氏の豊富な地域産業との協業経験や国際的な視点から様々な可能性を探る講演会を企画しました。創造的活動に興味をお持ちの幅広い方々を対象に、みなさんのデザインマインドを刺激するまたとない機会となることでしょう。

プレゼンテーションの後は、インフォーマルな意見交換・交流会を予定しております。

日時:2010年11月6日(土)13:00~15:00

場所:TRUNK | Creative Office Sharing(卸町会館5階)

主催:宮城大学事業構想学部デザイン情報学科

講師:安積朋子氏

参加費:無料(要申込み)

申込み方法:電話もしくはメールにて、お名前・電話番号・
メ―ルアドレスを下記申込み先までお知らせ下さい。
11月4日締切。

申込み先:宮城大学地域連携センター
022-377-8414
renkei@myu.ac.jp

講師プロフィール:
1966 年 広島生まれ。t.n.a. Design Studio代表。ロイヤル・カレッジ・オブ・アート大学院。デザイン・プロダクト科講師。1989年、京都市立芸術大学デザイン科環境デザイン科卒業。設計事務所勤務ののち1992年に渡英、ロイヤルカレッジ・オブ・アートの家具科で学ぶ。1995年に卒業後、ロンドンにてパートナーシップAZUMIを設立。100% Design展(1996~1998年)、Happening展(1999&2000年)サローネ・サテリーテ(1999年)などで作品を発表し、コンサルタントとしてLapalma社(イタリア)、E&Y社(日本)、Guzzini社(イタリア)、Isokon Plus社(イギリス)、Biegel社(ドイツ)、Benchmarm Furniture社(イギリス)等と家具、プロダクト、ジュエリーなどを開発。同時に展示会の会場構成など空間デザインも手がける。

2005年春、「t.n.a. Design Studio」を設立しソロとしての活動を開始。近作はFurniture Works(イギリス)の
展示会場デザイン、Roethlisberger(スイス)のデスク「AT-AT」、マックスレイ(日本)の照明器具「Twiggy Lamp」、ピエージュ(日本)の光学式誘引捕虫器「ムシキャパ」、Swarovski(オーストリア)の「Banquet Table Lamp」など。2007年よりグッドデザイン賞選定委員。

ヴィクトリア&アルバート・ミュージアム、ジェフェリー・ミュージアム、クラフツ・カウンシル(イギリス)、ステデリック・ミュージアム(オランダ)などに作品収蔵。受賞はミサワ学生住宅設計競技グランプリ(1989年)、New Designers Award (1995年)、100% Design/Blueprint Award, Best Contribution(2002年)、Wallpaper Design Awards(2010年)など。

アイディア・ワークショップ in TRUNK.Vol.7 新しい用途を発想するアイデアワークショップ

卸町会館5階の「TRUNK-Creative Office Sharing-」では、毎月、経営者の皆様とクリエイターを対象に、ビジネスにつながる創造的なアイディアメソッドを体験しながら、異分野の参加者同士が積極的にディスカッションするスタイルのアイディアワークショップを行っております。

7回目となる今回は「用途アイデアを発想する」ワークショップを行います。

「自身のもつ技術や、自社の製造する素材に新しい用途を考え出す」、「業界に登場した新しい技術や新素材の用途を考え出す」
こうした際に効果的にアイデアを創出することが出来れば、付加価値の高いビジネスを生み出せる可能性が高くなります。

用途アイデアの発想法の本質を、2時間で楽しく体験できるアイデアワークショップとなります。
自社品の用途開発や保有技術の用途開発にすぐ応用できる方法ですので、ぜひご参加ください。

なお、今回は具体的題材として「ある特長を持った樹脂シート」を素材にして、魅力的なアイデアを生み出していく発想プロセスを実践します。

初参加の方でも楽しんでもらえる様に運営していますので、どなたもぜひお気軽においでください。

●日時 2010年10月13日(水)19:00~21:00

●場所 TRUNK|CREATIVE OFFICE SHARING(仙台市若林区卸町2-15-2 卸町会館5F)
http://www.trunk-cos.com/access/

●参加料:無料
●主催
TRUNK|CREATIVE OFFICE SHARING

●参加申込およびお問い合わせ 
TRUNK | CREATIVE OFFICE SHARING
TEL/FAX:022-237-7232
E-MAIL:info@trunk-cos.com
URL:www.trunk-cos.com

製本部が発足されました

TRUNKに製本部が発足されました。
発起人の一人である、TRUNKスタッフ松井よりコメントがあります。
ぜひご覧ください

製本部発足しました

日頃、数多くの書籍に囲まれて暮らしていると、
「この製本面白い!」とか「どうやって作っているの?」など、ふと思うことがあります。
その疑問を実際の制作を通して解決したり、新しい製本方法を開発したりできたら素敵ですよね。

そこで、製本会社の皆さんと意見交換をしたり、
工場を開放してもらい実際に機械を動かして実験的な書籍を作ってみたり、色々とりあえずやってみよう!
という部活を作りました。
それが「製本部」=「製本」に関する「部活(愛好会?)」です。

メンバーはTRUNK会員と印刷団地の有志です。
今のところ、仮入部も含めて部員は15人くらいでしょうか。

とりあえず、製本に関する勉強をしつつ、

実際に何か作りながら今後の活動について考えようと思います。
その前に部長と副部長決めなきゃ!

#30 w_labが開発したiPadアプリがマイコミジャーナルに掲載されました

#30 w_lab(渡辺圭介先生)の開発した、iPadを使って参加者全員で同時にひとつの画面を共有して絵を描けるアプリ「Image Sharing」がApp Storeでリリースされました。

同アプリは、WIFIローカルネットワーク経由で、参加者全員が同時にiPad上にひとつの画面を共有し、絵を描くことができるというもの。

詳しくはこちらをご覧ください。 → http://bit.ly/9C2sgd

19 / 24« First...10...1718192021...Last »

information
インフォメーション