[とうほくあきんどでざいん塾] 2013年2月度セミナー開催のお知らせ

[とうほくあきんどでざいん塾]2013年2月度セミナー

地域を変えるデザイン、ビジネスを変えるデザイン

 

 

 

 

 

 

 

 

「人口減少、育児、エネルギー、格差……世の中の課題を美しく解決して幸せなムーブメントを起こす、みんなのための『デザイン』実例集」を謳った一冊の本が、2011年に刊行されました。著者は、大手広告代理店の社員で、企業のマーケティングプランナーとして活躍してきた筧裕介さん。阪神・淡路大震災の教訓から生まれ、東日本大震災支援の現場で活用された「できますゼッケン」の生みの親でもあります。

今回のセミナーでは、そんな筧氏を講師にお招きし、これまでに関わってこられた地域ビジネスの課題解決に挑むデザインプロジェクトを多数ご紹介いただきます。デザインをとりいれる課程における様々なチャレンジと試行錯誤から、どのような成果が生み出されてきたのでしょうか。震災から2年をむかえるいま、東北一の都市・仙台の未来を切り開く、ビジネスデザインを考える機会に、ぜひご参集ください。

 

日 時: 2013年2月8日[金]18:30-20:30

会 場: TRUNK | CREATIVE OFFICE SHARING

講 師: 筧裕介/issue+design デザイナー

定 員: 60名(要予約、定員に達し次第締切。)

参加費: 無料

主 催: とうほくあきんどでざいん塾

共 催: 仙台クリエイティブクラスターコンソーシアム

※お申し込み方法:以下の「申込みフォーム」よりお申し込みください。

http://tohokuakindodesign.jp/event/1025/

 

 

<講師プロフィール>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

筧裕介(かけい・ゆうすけ)

1975年生まれ。一橋大学社会学部卒業。東京大学大学院工学系研究科修了(工学博士)。1998年(株)博報堂入社後、社会課題をデザインの力で解決するソーシャルデザイン領域の研究、実践に取り組む。2008年山崎亮他とともにissue+design project設立。著書に、『地域を変えるデザイン』『震災のためにデザインは何が可能か』など。「できますゼッケン」にてグッドデザイン賞(2011)、、「親子健康手帳」にてグッドデザイン賞・キッズデザイン賞審査委員長特別賞(2011)、「震災+design」にてグッドデザイン・フロンティアデザイン賞(2010)、日本計画行政学会・学会奨励賞(2011)他受賞。

 

◎とうほくあきんどでざいん塾とは?

主に仙台市内の中小企業を対象とした、デザイン・クリエイティブに関するノウハウの、啓蒙および利活用促進を目的とした事業です。 運営は、クリエイティブ・シェア・オフィス TRUNK を運営する仙台卸商センター職員と4人の外部コーディネーターが、それそれの経験と専門性を活かし取り組んで参ります(とうほくあきんどでざいん塾は仙台市の委託事業です)。

 

◎TRUNK:仙台駅からのアクセス&地図

バス:仙台市営バス04番乗り場。東部工業団地行きに乗車。卸町会館前下車[約18分]後、徒歩1分。

車:約15分[国道4号線バイパス「卸町交差点」から約3分]。

自転車:最短ルートで約20分。

 

◎お問い合わせ:とうほくあきんどでざいん塾

〒984-8651 仙台市若林区卸町2-15-2 5F TRUNK内

TEL:022-235-2161(担当:池田、板垣)

Email:info@tohokuakindodesign.jp

http://tohokuakindodesign.jp

 

Trackback URL

Leave a Reply

information
インフォメーション