Cultivation 03 Processing+Arduino+電球

#24のlogueとmedia farmの共催で、技術習得のための短期集中型ワークショップ「cultivation」の第3回目を下記内容・日程で開催します。

今回のワークショップでは、オープンソースであるソフトウェア「Processing」とデバイス「Arduino」を使って、身近にある「電球」を演出するの技を会得します。
普段お使いの電球照明を好きな調光パターンでコントロールできるほか、パソコンとの組み合わせによるサウンドとの同期や調光パターンのシミュレーションができるようになります。

開催日:2010年8月28日(土)〜 8月29日(日)

28日(10:00-17:00予定)
組み立て(Arduino、電球コントロールキット)
Arduinoの基本的なつかいかた
Processingの基本的なつかいかた
ProcessingとArduinoの通信
Processingを使ってパソコンの表現と組み合わせ
光のパターン1 Macのスリープみたいに光る例など
29日(10:00-17:00予定)
Processingで複数の電球をシミュレーション
光のパターン2 複数の電球のコントロール例
複数の電球のコントロールを参加者の皆さんと実践
Arduinoで市販のDMX照明機器をつかう例の紹介
※ArduinoをDMX送信機として使うには別売りの部品が必要です。ここでは、その回路の仕組み、ソフトの設定の仕方などを含め実演します。

※DMX(Digital Multiplex)とは、舞台などに使われる照明コントローラーと照明機材間のデータ通信を行う。世界共通のプロトコル。

定員:8名

最小実施人数:6名

会場:TRUNK -Creative Office Sharing-

問い合わせ:logue.info@gmail.com

※申込み等詳細は下記Webサイトをご覧ください。
http://www.project-logue.jp/index.php?ref=workshop-004_max-jp

Trackback URL

Leave a Reply

information
インフォメーション