〈芸術文化が支える社会〉アートが生きる、アートを活かす卸町

仙台卸商センターでは「人が集まる」まちづくりの一環として、これまでに様々な芸術文化を取り入れたイベントやセミナーを開催して参りましたが、今回、このようなまちを魅力づける“アート”の力について、特に私たちが生活する社会との接点にスポットを当て、美術家・美術館・市民団体・大学(教育)といったそれぞれの立場から、アートを活かした生活、ひいては地域づくりについて、鼎談という形でトークイベントを開催いたします。

卸町が仙台市におけるクリエイティブ産業や芸術文化の創造拠点として、アーティストやクリエイターを支援し、また、彼らを社会の中で包摂していく志向を掲げることにより、成熟した地方都市の新たな都市創造や、地域経済活性化の切り札となり得ることを表現する機会として、当トークイベントを実施して参ります。

○日 時:平成22年 12月3日(金) 18時00分~20時00分
○場 所:卸町会館 5階 TRUNK ロビーエリア (仙台市若林区卸町二丁目15-2)
○内 容:鼎談形式のトークイベント
○参加者
・美術家(彫刻家) 佐藤 達 氏
・宮城県美術館 学芸員 三上 満良 氏
・仙台SOHOプロジェクト実行委員会 プロデューサー 竹野 博思 氏
*コーディネーター:東北文化学園大学総合政策学部 教授 志賀野 桂一 氏

○対 象:協同組合仙台卸商センター組合員・従業員、TRUNK会員クリエイター、アーティスト等
○参加料:無料
○主 催:協同組合仙台卸商センター(TRUNK | CREATIVE OFFICE SHARING)
○お問合せ先
協同組合仙台卸商センター総務部総務課  TEL:022-235-2161  FAX:022-284-0864

Trackback URL

Leave a Reply

information
インフォメーション