10.04.20 アイディア・ワークショップ in TRUNK Vol.1

  • 4.203
  • 4.204
  • 4.205
  • 4.206

講師の石井さんの言葉をお借りすると、
このワークショップは、

「異なる分野の知識を持った人々や組織と、
効果的にアイデア創出するための方法とつながりを
獲得する効果があるものです」

ということで、参加者のクリエイター、アーティストと
経営者の方たち全員(40名ほど)が、商品開発を目的としながらも、
奇妙かつ面白いアイディアを対面で交わし合う、
とてもエキサイティングな場になりました!

最初に、ものや技術の進化のパターンと
それにもとづく未来予想の話があり、
その後、「新しい防災アイテムのアイディア」について、
MIT(マサチューセッツ工科大学)で開発された
Speedstormingというブレストを行いました。
2人一組で5分ごとに相手が次々変わっていくものです。

そこで得られたアイディアを参加者みんなで見て回り、
面白いものに星をつけ、
最後に、星の多かったアイディアの方たちによる
プレゼンが行われました。

服が食べ物になるシュールなアイディアや、
夜空に霧を作り出して、そこに地上から光で避難情報を投影するというような
災害時の心理的不安を希望に変えて行くようなアイディアも出ていました。

参加者のTRUNK会員や組合員の皆さんが、
ブレスト開始から身振り手振り、スケッチを見せ合いながら
トークしている姿が印象に残りました。

異分野との共同コンセプト開発の第一歩を踏み出した感じでしょうか。

「オペレイディブ(業務、効率)はイノベーティブ(開発、創新)を
駆逐する」とのことで、1日に8分間でいいのでアイディアを出す時間を
作りましょうとのこと。

何より皆さん楽しそうでした。
Vol.2も開催予定ですので、次回もお楽しみに!

Trackback URL

Leave a Reply

information
インフォメーション