6/22公開 映画「100回泣くこと」の試写会に行ってきました

去る5/18(土)、卸町の一部をロケ地として使用し制作された映画「100回泣くこと」の試写会に行ってきました。

舞台挨拶には廣木隆一監督(「余命1ヶ月の花嫁」、「きいろいゾウ」など)が登場され、撮影の裏話など、楽しいトークが繰り広げられました。

これまで卸町では「ゴールデンスランバー」、「アヒルと鴨のコインロッカー」、「重力ピエロ」など、数々の映画やCMなどのロケが行われてきました。

今回の撮影はメインは東京で行われつつも、宮城県内では白石市、そして仙台・卸町で行われました。

私たちが普段目にしている馴染みのある風景が、映画のストーリーの重要なシーンに使われており(しかも長時間…)、撮影までに至るちょっとした苦労などが思い出され、今回もまた協力した甲斐があったなと、まるで自分もスタッフの一員になったかのような気持ちになりました。

ロケへの協力ってけっこうそこに面白味ややりがいがあります。

映画の公開を心待ちにされている方もそうでない方も、そして卸町好きなみなさまにもきっと楽しんでいただける作品だと思います。

映画公開は6月22日、土曜日です。

ぜひ、映画館のスクリーンでご覧ください。

 

—-あらすじ————————-

突然のバイク事故によって、記憶の一部を失った藤井と、彼の記憶の中から存在が消えてしまった恋人の佳美。4年後、記憶が戻らない藤井と佳美は運命の再会を果たし再び交際を始める。しかし佳美は以前二人が恋人だったという真実を告げようとはしなかった。そんな中、藤井は佳美にプロポーズをするが、佳美は「1年間結婚の練習をしよう」と応える。幸せな二人の生活は続くと思われていたが、病魔が佳美に忍び寄る。藤井の失われた記憶の中に隠された切ない愛の真実とは。(公式サイトより)

—————————————

 

映画の詳細はこちら。

http://100kai-movie.com/story.html

Trackback URL

Leave a Reply

information
インフォメーション