健康の街・卸町NWプロジェクト 勉強会を開催しました

NW=ノルディックウォーキングとは、フィンランド生まれのスポーツで、手にスキーのストックのようなポールを持って歩くスポーツです。

http://jnfa.jp/index.php?option=com_content&view=article&id=1&Itemid=28

元々はクロスカントリーの選手が夏場の体力維持などの為のトレーニングとして始めたことがきっかけといわれています。

ただウォーキングするのに比べ、エネルギー消費量が平均20%増すといわれており、最近街中でもよく見かけるようになりました。

 

さて、TRUNKのある卸町では、そのNWの公認コースの認定を都市部としては日本で初めて受けようと、プロジェクトが立ち上がりました。

なんでNWなの?

ということにつきましては、そもそもフィンランドは仙台市の姉妹・友好都市であり、「仙台フィンランド健康福祉センター」事業を通じて、福祉やビジネスにおいて連携しながら交流を盛んにおこなっています。

・仙台フィンランド健康福祉センター http://sendai.fwbc.jp/index.htm

・仙台市の姉妹・友好都市 http://www.city.sendai.jp/koryu/1194772_2446.html

仙台卸商センターではこれまでに、この卸商団地で働く従業員の健康を考えた様々なプログラムを実施しており、その一環として、NWというコンテンツを活用したプログラムを実施してまいりました。

しかしながら、NWはまだまだ認知度が低く、普通のウォーキングやランニングをしている方と比べれば圧倒的に競技人口が少ないスポーツであります。

その為、ただ卸町に認定コースを敷いたとしても、きっと実際にやる人は少ないのでは?との心配がありました。

 

そこで!

さすがはTRUNKのある卸町。

そのような問題もクリエイターのみなさんの力を合わせれば解決できちゃうのではないか??

との期待のもと、TRUNK 会員と卸町の企業の方が一緒になってNWをどうやったら卸町から発信できるか、

そして流行させることができるのか、などなど…話合いがはじまったのです。

話し合いを始めてみると、実に様々なビジネスチャンスが転がっているものだなということに気がつきました。(ここではあまり言えませんが…)

 

それで、まずはNWについて知ろう!ということで、JNFA(ジェンファ=NPO法人日本ノルディックフィットネス協会(所在地=仙台市))の海老名事務局長をお招きし、NWについての概要と、実際にNWの体験会を実施しました。

その様子がこちらです。(↓写真参照)

 

まずもってフィンランドが北欧のどの位置にあるのか、正確に答えられた方がわずか…。

(ノルウェーやアイスランドと混同しますね。)

そして前述したような運動効果などを学び、いよいよ実践へ。

 

当日はTRUNKの下階の会議室内でのレクチャーとなりましたが、スーツ姿の方からジーパン姿の方まで、基本はウォーキングですからね、気軽に楽しみながら小汗をかきました。

まずはポールを使ったストレッチで準備運動。

次にポールが無い状態で正しいウォーキングのフォームを身につけ、

そして実際にポールを使ってのウォーキングとなりました。

 

最後は参加者全員で円陣を組み、持っているポールを合わせながら「おつかれさまでした!」の、なんともいえない結束感をもって終了しました。

 

TRUNKでは「NW部」を作り、まずは我々が率先して卸町でやってみたらいいのではないか?

と、受付の裏にポールを数本置いております。

 

最近徒歩でTRUNKに通勤している方にも勧めております。w

 

ということで、今後も継続してこのプロジェクトは進んでいきます。

またのご報告をお待ちください。

 

Trackback URL

Leave a Reply

information
インフォメーション