SSD Futureラボ オープンレクチャ「ファブリケーションの未来」を開催しました

SSD Futureラボ オープンレクチャ「ファブリケーションの未来 -ものづくりの未来を考える-」をTRUNKで開催しました。

http://tohokuakindodesign.jp/event/921/

講師は多摩美術大学の久保田教授です。

 

3Dプリンタの技術を使って、いかに大胆なデザインができるのか。

理屈を超えた感情に訴える“見たことのないもの”を作ること。

 

印象に残った言葉です。

また、いかに良いソフトウェアを作っていくかということが、これからさらにデジタルファブリケーションが普及する為に必要な事だということでした。

 

Trackback URL

Leave a Reply

information
インフォメーション