ガッキーのシェアハウス探訪記②

だいぶ更新が遅くなりましたが。

先日掲載した#30キャネロさんが企画から改修まで手がけているシェアハウス探訪記の第二弾をアップします。

今回は気になるお部屋の部分。

特に印象的だったのは、コンクリートの柱むき出しのお部屋でした。

男ならこんな部屋に憧れるはず。。。

エスニックテイストなインテリアに間接照明なんか点けちゃったりして。

雑誌に出てきそうな部屋を想像してしまいました。

天井がたかーい部屋もありました。それによって空間がすごく開放的で、クリエイティブなお仕事をされている方なんかは気に入るのではないかなと。DJブースを置いたりして、毎晩好きな音楽とともに過ごしたりなんだりして。。

それから元々おそば屋さんの団体客用の座敷席があった部屋を改装しているため、所々和のテイストが残るお部屋もありました。

共有部分としては、シャワールームとバスルームが分かれているところも「なるほど」と思いましたね。

入居者の生活リズムにあった設備を整えていらっしゃいました。

元々あった階段下の作り付けの家具や玄関の下駄箱をそのまま残しつつ改装しているところに、元々の建物への感謝の気持ちを感じました。

キャネロ代表の久仁丸さんによると、リノベーションのコツは「入居してほしい!」人を思い描くことだそうです。

それぞれのシェアハウスの立地条件、それからどのような職種のどれくらいの年代の男性?女性??を考えながら、内装の色や部屋の面積を調整しているそうです。

現在も入居者募集中!!

お問い合わせは下記までよろしくお願い致します!

http://www.canello.co.jp/

 

Trackback URL

Leave a Reply

information
インフォメーション