11.8.18 TRUNKデザインセミナーVol.1「クリエイティブ・クラスター創生の試み」

  • dono-1
  • dono-2
  • dono-3
  • dono-6
  • dono-4
  • dono-5

Mebic開設当初から所長兼インキュベーションマネジャーとして、
周辺の天満、扇町、中崎町南森町界隈の産業集積の特徴を活かした
企業の活性化とブランディングを目指した
「扇町クリエイティブクラスター」の創生に取り組む堂野智史氏に
クリエイティブクラスターの現状と将来展望について
お話をお聞きしました。

セミナーに先立って、堂野さんと(財)仙台市産業振興事業団
企業育成室を担当している新井涼太さんと
(株)テクノプラザ宮城21世紀プラザ研究センターを運営する
斉藤方達さんとTRUNKのマネージャ柿崎との座談会も開催。

セミナーには、行政関係者、研究者、企業関係者、クリエイター、
学生など幅広い層の方が参加。

現在、2,000社、2万人のクリエイターが働く地域の
クリエイターネットワークの中核として
機能しているMebicですが、運営上の最も重要な要素として
常に顔の見えるコミュニケーションの必要性を繰り返し説く
堂野さんのお話にうなずいていました。

会場には、急遽、JAGDA大阪代表幹事の清水柾行氏(aozora 代表)も
飛び入りで参加してくれまして、
大阪のデザインの現状についてコメントしてくれました。

スタッフも、今後TRUNKが仙台のクリエイティブ拠点の
ひとつとして機能し、協同組合仙台卸商センターの組合員企業や
仙台の地元企業とのコラボレーションを進めて行く上で、
色々なヒントをもらいました。

セミナー終了後は、
会場を移動して、仙台のインキュベーション施設関係者や
クリエイターのネットワーク作りをしている方たち
による堂野さんとの懇親会へ。

焼酎が好きな堂野さん、お店から出された米焼酎に
ずっと笑顔でした。

堂野さん、ありがとうございました!

Trackback URL

Leave a Reply

information
インフォメーション